インベストメントにおける必要4条件、財務運用・投資相談・資産運用・コンサルタント

サイトマップ
マンスリーインフォメーション、経営相談・資産運用の金融コンサルタント あゆみマネジメント

Top > マンスリーインフォメーション > インベストメントにおける必要4条件

資産運用の金融コンサルタント

 

 

マンスリーインフォメーション 《第61回》


インベストメントにおける必要4条件

 あゆみマネジメントのHPをご覧の皆様、投資の成績はいかがでしょうか。今回のM.I.は、インベストメントを行うに当たって必要な4つの条件をまとめてみたいと思います。その4条件とは1.心、2.体、3.技術、4.資金です。これら4条件を順を追って説明したいと思います。

 まず1.心。これは気持ち、感情、欲望、相場観とも言い換えられます。まず人間の心理として翌日やりたい事、楽しい事があれば、自然と目が朝早く覚めます。イヤイヤ目覚まし時計に起こされている方は、生きる希望や目標がない人です。ゴルフに行く時の朝は、必ず遅刻しません。ほとんどの人が早朝なのに、時間どおりに集まります。このゴルフをビジネスや相場に置き換えて、朝自然と早く目が覚めるように、楽しみに変えます。させられ感を自分の主体性で、ビジネスや相場に挑むようにすると、その時から人生が少し変わってきます。次に気持ち、誰でも自己顕示欲があり大きく儲ければ自慢したくなります。ところがお金の神様は、儲けた事を自慢すると、その時からお金の神様は離れてしまいます。そして最後に感情と欲望は冷静な相場観の邪魔になります。透明、無臭の水のような心理状態で相場を見れば、方向性がわかるようになります。

 次に2.体。これは健康一番。相場に関わっていると、ストレスが貯まり体に悪影響を与えます。また大きく相場を張った時は、何より体の丈夫さと精神の強靭さが求められます。朝早く起きるようになったら、朝近くの公園までウオーキング、公園で筋トレを行い帰り道で、その日の相場の方針を考えましょう。また体の弱い方でも、相場はPCの操作一つで商いができるので、身体的にハンデのある方でも、相場に参加できると言う公平な経済活動です。

 そして3.技術。これは数をこなして身に着けるしかないです。ノープレーノーエラーでは、いつまで経っても技術は身に着きません。実際にお金を賭けて勝負するから真剣になります。投資を始めて3か月くらいは授業料と思って、いろいろ自分の相場観を試してみましょう。過去に大きな損失を出した方は、そこで退場でなく、そこからが相場との闘いです。自分なりの投資法を確立させ、常に現実を検証してみる事です。ダイエットに自分にあった方法が必ず存在するように、投資でも自分に合った投資方法が必ず見つかります。そこまで行くのは、やはり量質転化。膨大な量をこなして、ある水準に達すると相場の扉が開きます。大きく損を出した方は、その損の事を考えるとくじけそうになりますが、それを検証する時間が実力をつけられる期間だと思います。

 最後に4.資金。これはインベストメントでは非常に重要な部分です。現金と言う現実と金運もこの範疇に入ります。現金は投資の中で一番強く、その使い方が上手だと、たくさんの仲間を連れて帰ってきます。投資においては、保有資金すべてを相場に投入する事は冷静な判断ができなくなり、負ける事が多いようです。常に少し資金を残しておいて、3年に1度ある大きい相場変動の時に、勇気をもって投入する方法がベストです。平常時投入資金は、全資金の4分の3までにしましょう。後は金運を良くすることが投資に成功する近道です。運を良くするには、人目のないところでの善行です。これで陰徳を天に向かって積んでいると、ある日満額となって、良い事がやってきます。その良い事が相場で起こすようにするか、実生活で良い事を起こすか。一度人生の歯車が良い方向に回り始めれば、次々と良い事が良い事を呼ぶようになります。昨日までの結果が、今日で、今日の結果が明日です。出来る事は出し惜しみなく行い、ステキな1日がやってくるように、日々努力と感謝をしましょう。